検索

【皮膚は内臓の鏡】口にするもので顔は変わる!


「皮膚は内臓の鏡」といわれるように、

人の肌の状態は消化器官の健康状態と密接な関わりがあります。


このイラストは、耐性のない食品や飲料を摂取すると、胃腸がストレスを受けお顔やお肌にアレルギー反応として現れるというもの。

ご自身のお肌の悩みと照らし合わせてみましょう。

普段何気なく口にしているものが、実は体に合わないものだった!なんてことがあるかも。

①砂糖顔

・額のシワ、小ジワ

・目の下のたるみ

・やつれた印象

・膿疱性のニキビが顔中に

・皮膚が薄くなる

・肌の色が灰色、または青白くなる

・眉が薄くなる

糖分の摂りすぎによって肌が糖化し、コラーゲンが劣化。

胃腸内のバクテリアを破壊し、痛みを伴う吹き出物を誘発します。

血糖値が急上昇すると副腎にプレッシャーを与えるため、眉が薄くなったり、まばらになったりします。

②乳製品顔

・まぶたの腫れ

・目の下のクマやむくみ

・アゴの白い吹き出物、腫れ物

乳糖に対するアレルギーが、体内の炎症反応を引き起こし、目元が腫れたり、むくみがより目立つようになります。

ミルクに含まれるエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが、皮膚細胞の増殖過多を引き起こし、吹き出物の原因となります。

③ワイン顔

・目と目の間の目立つシワや赤み

・目のたるみ

・毛穴の広がり

・乾燥による頬のまわりの小ジワ

・頬や鼻の赤み

・深いほうれい線

アルコールによって肌の乾燥、シワが悪化している状態。

特に眉間は、肝臓の健康との関わりが深く、シワができやすいです。

またアルコールは毛細血管を拡張させるため、頬や鼻に赤みが出やすくなります。

④グルテン顔

・むくんで赤みのある頬

・顎のまわりの色素沈着、シミ

グルテンによる炎症反応が増え、皮膚の膨張や紅潮が引き起こされます。

免疫機能がグルテンに反応して生殖バランスに影響を与え、特にアゴのあたりにホルモンの作用による吹き出物ができやすくなります。

心当たりのある方は、日々の食事を少し見直してみましょう!

高級なお化粧品を毎日使うよりも、ずっとお肌をキレイにしてくれますよ☺️💓

#肌荒れ #ニキビ #砂糖 #乳製品 #アルコール #小麦 #グルテン #むくみ #シワ

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示